自己破産と保証人

自己破産と保証人

自己破産をする前に保証人になっている人には正直に事情を話しまし

ょう。

債務者本人が自己破産をして免責されたとしても、それは保証人には

何の関係もなく支払い義務は残ります。

よって、債務者の他に保証人・連帯保証人がいるのであれば、今度は

そちらに借金の督促が集中することになります。でも保証人に迷惑は

かけられないといって自己破産を躊躇しても何の解決にもなりません。

実は、私もそれでずいぶん悩みましたし、深みにはまってしまったの

です。

ですから、自分が自己破産をする前に必ず保証人にも今の実情を正直

に話して、その保証人を含めた債務整理を考える必要があります。

あなたの代わりに保証人の人に支払える余裕があればいいのですが、

そうでない場合は、保証人も自己破産をする必要がでてきますが、そ

れも仕方ないと割り切らねば、自己破産はできません。

とにかく大切なことは保証人に対して誠意をもって全てをきちんと説

明するということであり、そのような義務が債務者にはあるのです。

保証人は直接の債務者に支払能力がなければ、サラ金業者から支払請

求を受けます。

もし、債務者が自己破産をしても保証人には影響がありませんので、

保証人も支払能力がない場合は保証人も任意整理や自己破産などの債

務整理手続を取る必要があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。