自己破産の保証人

保証人になると、とても大きなリスクを背負い込みます。保証人は

借金の返済ができなくなった債務者の代わりにその借金の支払いを

する責任を負います。法律的には保証人が肩代わりをした借金は、

その分だけ後で債務者に返してくれるよう請求できるようにまって

いますが、現実には保証人が代わりに返済した時点で、すでに主た

る債務者には支払い能力がない場合がほとんどですので、現実問題

として保証人が肩代わりして支払った借金は、返ってきません。

確かに、深い関係にある取引先や親戚、保証人になることを依頼さ

れたときには、断りきれないこともあるかもしれません。しかし、

そういう時でも、安易に引き受けることはしないで、まず、主たる

債務者の支払い能力や財産について、慎重な調査が必要です。それ

でも断りきれずに保証人になるときはには、自分が債務者と同額の

借金を抱え込むことになるという、覚悟が必要です。

もし、主たる債務者が自己破産して、免責をうけることになっても

保証人の債務はなくなることはありません。保証人が肩代わりしき

れない場合には、保証人自信も自己破産せざるをえなくなります。

保証人が自己破産するのを避けようとするのなら、任意整理や特定

調停・個人民事再生など、自己破産以外の方法を検討するしかあり

ません。ただ、主たる債務者が自己破産する前に相談してくれれば

自己破産するのを思いとどまってもらって、保証人が協力しながら

任意整理その他、破産以外の借金整理の方法を選択する余地はあり

ます。もし、あなたが保証人になることを依頼された場合は、その

場の雰囲気や義理人情に流されることなく、シビアに対応すること

が必要です。
posted by teacher K at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自己破産の経験から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。